教官紹介imeage
湖南馬事研修センター長

湖南馬事研修センター長 齋藤 昭浩

専修大学卒。BTC(軽種馬育成調教センター)で20年以上の教育経験をもち約460名の卒業生を輩出。

アイルランド競馬学校・イギリス競馬学校で指導方法を学び、現在の最先端の指導方法「BTC方式」を確立。 2013年KRA韓国馬事会指導教官として招聘され、BTC教育課長を経て現職。

競馬業界や育成牧場・生産牧場のこと、またJRA厩務員・調教助手・騎手・調教師になるための正確な知識・技術を知っていただき、個人の目標に沿った指導を行います。当センターには、未経験者でも確実に習得できるカリキュラムがありますので、少しでも興味のある方は一度ご来場ください。

教官

主任教官 鈴木 知樹

BTC研修24期卒後、アイルランド研修を経て育成・生産の総合牧場にて従事。若馬の馴致、育成など10年以上のキャリアと新人教育指導者の実績を経て現職。

研修では、ホースマンとして必要な騎乗技術だけでなく、一社会人としての指導も心がけます。また、研修後もすべての面においてサポートしますので安心して下さい。まずは体験など活用して気軽にお問い合わせください。

教官

教官 鈴木 明音

BTC研修24期卒後、総合牧場にて7年間従事。若馬の馴致の他、牧場に必要なグランドワーク全般を体得した技術を生かして現職。

育成調教技術者とは、自分でも出来る仕事なのか分からないことだらけで不安ですよね。また、「女性でも大丈夫なのかなぁ」「馬は好きだけど乗ったこともなければ触ったこともない」なんて方でも、私たちが丁寧に一から教えますので、男女問わず是非チャレンジしてください。

教官

教官 鈴木 隆矢

BTC研修31期卒後、育成牧場にて若馬や現役競走馬の調教に従事。また、学生時の馬術経験を生かして癖馬を治す技術を体得して現職。

6カ月という短い期間ですが、一人前のホースマンとなるべく基礎づくりに全力でサポートします。やる気だけを持って一緒に頑張りましょう。

教官

教官 鈴木 裕介

帯広畜産大学卒。主に新馬の育成を手掛け、自己調教馬にて全日本障害馬術大会に出場し入賞経験を持つ。乗馬クラブにて小学生からシニア各世代に対して10年間の馬術指導を経て現職。

馬術指導の観点からも皆様を全力でサポートしていきます。馬のことを学びたいという共通の志を持った仲間と過ごす6カ月は、きっと皆様の財産になるはずです。

関西発!馬のお仕事牧場で働く・厩務員を目指すなら 湖南馬事研修センター

体験入学へのお申込み、研修の詳細は、お電話またはメールにてお問い合わせください。

湖南馬事センター 研修センター研修センターTEL0748-86-80068:00~17:00(火曜定休日)

湖南馬事センター 研修センター研修センターお問い合わせ研修センターへのお問い合わせ