卒後教育imeage

馬の騎乗研修修了後は、働きながら若馬育成経験を積んだり、早い段階で競走馬と触れられる環境で競走馬育成騎乗者として活躍するための支援を行っています。

牧場で働く以外にも、厩務員になるためのサポートや就職先のアドバイスもいたします。

卒業後の進路

研修修了後、北海道浦河町にある吉澤ステーブル本場の一員となり若馬育成から勉強をします。本場では、競走馬になる前段階の若馬のトレーニングを主体として実施しているため、若馬の成長を見ながら自身の技術を高めていくことができます。また、本場には現役の競走馬もいますので、技術を高めていくことで、それらの馬のトレーニングを任せてもらうこともできます。その後、さらに技術が向上していけば、現役競走馬を多数トレーニングしている吉澤ステーブルWEST(滋賀県)およびEAST(茨城県)で、競走馬育成騎乗者として活躍することもできます。

つまり、当センターでは、研修→若馬育成技術の習得→現役の競走馬の騎乗者という段階的な技術向上が可能です。

JRA厩務員へのサポート

湖南馬事研修センターでは、JRA・NAR厩務員になるためのサポートもしています。JRA(日本中央競馬会)の厩務員になるには、まずJRA競馬学校 厩務員課程を卒業し、日本調教師会による採用試験に合格する必要があります。厩務員課程への応募には学力、健康状態の他に、「競走馬・育成馬・乗馬の騎乗経験が1年以上」という規定がありますが、当センターの研修修了後、吉澤ステーブルの牧場において競走馬・育成馬騎乗経験を積むことにより、JRA競馬学校の厩務員過程を受験することが可能になります。

また、他の牧場で働いていた騎乗者で、吉澤ステーブルWEST(滋賀県)へ転職することにより、休日などを利用してJRA厩務員課程試験に必要な乗馬試験の練習を当センターで無料で積むこともできます。(WESTから湖南馬事研修センターまでは車で30分ほど。)

NAR(地方競馬全国協会)の厩務員の場合、JRA競馬学校厩務員過程を卒業する必要はありませんが、騎乗技術や馬に関する知識が必要になります。また地方競馬の調教師と雇用契約を結ぶため、人脈も必要です。

▶JRA競馬学校 厩務員課程についての詳細

関西発!馬のお仕事牧場で働く・厩務員を目指すなら 湖南馬事研修センター

体験入学へのお申込み、研修の詳細は、お電話またはメールにてお問い合わせください。

湖南馬事センター 研修センター研修センターTEL0748-86-80068:00~17:00(火曜定休日)

湖南馬事センター 研修センター研修センターお問い合わせ研修センターへのお問い合わせ